あらためて、我が家はどんな家になりたいのか?〜タスカジさんとお片づけ【まえがき】

タスカジさんとお片づけ おうち探検編
  • URLをコピーしました!

書類整理が、進まない! 家全体も気になりすぎる! なにも進まん! 無理!!

最近、一人で片づけをすることに限界を感じていました。
GWに整理したっきり、ほとんど何も進んでいません。

書類とカバンの山
書類とカバンの山

実を言うと、今までもちょくちょく限界は感じてました。
そのたびに、誰か呼ぼうと思っては勇気が出なかったり、旦那に嫌がられたり…

突破口を開けずにいましたが、このたびやっと、お片づけの人をお呼びできました!
整理収納アドバイザーさん!
家事代行マッチングサービス「タスカジ」を通して依頼しました。
(「整理収納アドバイザーさん」だと長いので、以降「タスカジさん」と書きます)

今回お願いしたタスカジさんは、私より少し年上の女性の方。
お子さんが二人いらっしゃって、専業主婦もワーママも、24時間ワンオペも経験あり。
頼れる先輩ママさんが手伝いに来てくれた気分でした。

以下、私の備忘録を兼ねて、片付けの流れとビフォーアフターを書いていきます。

片づけ前に方針を確認する「前書き」→書類や紙を整理をする「本編」→チャイルドシートを移動した「余談編」と続きます!

今回のタスカジさんシリーズ(タスカジさんの承諾を得て書きました)

「タスカジ」って?

家事代行業者を介さずにハウスキーパーさん(タスカジさん)を依頼できる、マッチングサイトです。

整理収納が得意な方、料理や掃除が得意な方、子供やペットのお世話もできる方など、様々なタスカジさんが登録されています。

間に業者が入らないのでお手頃価格。タスカジさんへの細かい要望もお伝えしやすいです。

1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

サービス展開地域↓

【関東】東京都、神奈川県、 千葉県、 埼玉県(さいたま市、川越市周辺)
【関西】大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県

目次

まずは家の中全体を見る

来ていただいて最初に、家の中を全部探検しました。

私が「ゆくゆくは家中の整理をしたい」とお伝えしていたので、見てくださった…わけではなく、今回依頼したタスカジさんは、基本的にはどのお宅でも、どんな依頼でも、最初に家の中を把握してらっしゃるそうです。

※全ての整理収納アドバイザーさんが、最初に家中見るかどうかは分からないです。あくまで今回依頼した方の流儀です

どうして家中を見るの? 今回は書類じゃないの?

片付けたい場所が決まっているのに、どうして関係ない部屋まで見るの? と思うかもしれません。

もちろん見せたくない場所まで開ける必要はないです。
時間も限られているし、うちも全部は開けませんでした。

でも、依頼した箇所以外もある程度オープンにすることで、

  • 収納の癖
  • 片づけで苦手な分野
  • 片付けで引っかかりやすい点

といった、依頼者(と家族)の特徴が見えてきます。
家全体でのモノのやりくりも考えやすくなります。
すると、その後の片付け作業が、よりスムーズに進むのだそう。
このあとの実作業で私も体感したので、よければ実践編まで読み進めてくださいね。

実際に家中を見て回ったよ

そんなわけで、押し入れやクローゼットも開けつつ、「この収納には何が入ってる」「ここに物を置きがち」「息子の服はこう整理してる」などと色々話しました。
話しながら、普段の我が家を受け入れてもらえたようで、勝手に気持ちが軽くなりました笑

収納ひとつ取っても、おうちによっては意外とスカスカな場合もあるそうです。
が、我が家は私がパズルして詰め込んで、さらに旦那が隙間に物をねじ込もうとする、という感じで結構物で埋まってます。
これが我が家の特徴のひとつなんだなあと思います。

服の整理は是非やりたい

今回の依頼は「主に書類の整理をしたい」でしたが、眺めながら「服の整理は是非したいよね」と意見が一致。
私の服と旦那の服が2部屋に混じり合って、管理しにくい状態なのが、タスカジさんから見ても問題のようです。

今までにクローゼットとタンスは人別に分けましたが、衣装かけは全く手付かずの状態です。

タスカジさんとお片づけビフォア_202206
六畳間のクローゼットとタンス(埋まってる)
タスカジさんとお片づけビフォア_202206
四畳半の衣装かけ

家族の服を、家の中で1箇所に集めるか? 人別に各自の部屋に置くか? どちらが使いやすいかは、家庭によって違います。
我が家は人別にしたいと思いました。理由は以下。

  • 1箇所に集めると、互いに置き場所が混じってストレスになりそう
  • 私は洗濯物を複数箇所(各部屋)にしまうのが苦にならないタイプ

私は服をきっちり畳んで見やすく並べるのが快感なタイプ、旦那はなるべく手間なく出し入れしたいタイプ、なので、タイプに合った収納方法も考えていきたいところです。
息子はどうかなあ。

あとは、押入れの中や、玄関のオープン収納についてもアドバイスをいただきました。

タスカジさんとお片づけビフォア_202206
玄関のオープン収納の足元

家、広ーい!! とも言われましたよね。
広いはずなんだよなあ、なんで場所が足りないと感じるのかなあ。ねえ。

整理するのは四畳半(私室兼物置)

さて今回、実際に整理したのは四畳半です。
共有物や旦那のものに、いきなり他人の手が入ると反発を招くだろうから、まずは私の持ち物を一緒にやりたい。と思っていました。

中でも、完全に行き詰まってる書類の山。
これをぜひ一緒に整理したい!

書類とカバンの山
書類とカバンの山(再掲)

ついでに空き箱の山。あと、シュレッダーかけようとして溜めてる紙。
これらはタスカジさん主導で整理していただきました。

四畳半の食べ物・紙ものエリア
空き箱や紙ゴミ置き場

私は四畳半をどうしたいのか?

この四畳半についても、開始前に「この部屋をどうしたい?」と聞かれました。

四畳半を入り口から
四畳半を入り口から

正面切って聞かれると、途端にしどろもどろになってしまうんですが、

足元に物を置かないようにしたい」のは確か。
そして、「書類を棚に全部納めたい」「そのために棚を増やしても良い」とも思っている。

でも、それより先に物を減らすところからでしょ、とも思っている。
思いつつも、物を減らす手が止まっちゃって、足踏みしている。
物を減らさないと完成形がなかなかイメージできないって所もあって、フワフワしている。
なんてことをそのまま話しました。

モノに圧迫されて考えられなくなってる感じですかね。こうして書いてみると。

棚については「モノをできるだけ減らしてから、最後の最後に買うので大正解」だそうです。
よかった、間違ってない。

モノは取っておきたいのか?

「物は取っておきたい? 預けるのにお金がかかるくらいなら、捨てちゃう?」とも聞かれました。
これまた個人の価値観が出るところです。

私は、お金がかかっても取っておきたい、かもしれない。(これまたフワフワしてる)

と言ったら、「いちど預けてみて、片づけが進んで余裕ができてきた頃にまた考えるのはどうか」と提案いただきました。
一旦家から出してしまって、スッキリした状態を体験することを、まず目的にする。ということです。

そして3ヶ月とか6ヶ月経った頃、「さて保管料を払っても持ち続けていたいですか?」と再度自分に問いかけてみると、今よりも落ち着いて判断できるはず。
この提案、とても「分かってくれた」感がすごかったのです。

減らしたいけど、手放したくない。
ひとつの家の中で両立するのは不可能なので、一度「減らしたい」を優先してみよう
そのためなら、サマリーポケットなどの預け先も活用しよう。

と、いった感じで考えを共有したところで、書類の山を崩しはじめました。

続きます↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旦那・2歳息子・うさぎ1羽と暮らすミドサー。
こんまりメソッドを9年がかりで完走した女。
一人目の産後に片づけで迷走しまくったので、二人目の時に経験を活かすべく、ブログで記録を始めました。

イラスト提供:フリーペンシル(iconbu.com)様

コメント

コメントする

目次
閉じる